寺脇研氏

寺脇研氏

京都造形芸術大学客員教授

1952年、福岡県生まれ。1975年3月東京大学法学部卒業、文部省(当時)入省。2006年退官。現在 京都造形芸術大学客員教授、映画評論家。著書は『なぜ学校に行かせるの?』『中学生を救う30の方法』など多数。劇場映画『戦争と一人の女』『バット・オンリー・ラヴ』をプロデュース 。

掲載記事 6件

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月25日号

契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ PR

最新の注目記事

ザ・マーケット