経済・企業挑戦者2018

豆本来の味でチョコを文化に 山下貴嗣 Minimal代表 

    山下貴嗣(Minimal代表)(撮影=武市公孝)
    山下貴嗣(Minimal代表)(撮影=武市公孝)

     チョコレートの新しい製造スタイル「ビーン・トゥー・バー(カカオ豆からチョコまでの製造工程をすべて行うこと)」の先駆者だ。赤道直下の農園を巡り、一緒に農法や発酵方法を試行錯誤し、これまでにないチョコレートを作り出してきた。

     通常、製菓会社やパティシエ(菓子職人)は、1次加工メーカーが大量に生産する「クーベルチュール」と呼ばれる製菓用のチョコレート生地を仕入れて、ミルクや香料などで味を足していきます。僕たちはカカオ豆から自分たちで生地を作ります。加えるのは砂糖だけ。だから食べ比べると、豆本来の味の違いがよく分かります。ナッツのようなコクだったり、青リンゴのような爽やかな風味だったり。ブランド名「Minimal」(ミニマル)は最小限という意味です。

     カカオの割合、豆の焼き時間や温度、豆の砕き加減などで味わいが変わります。粗挽(あらび)きにしてザク…

    残り1167文字(全文1543文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット