経済・企業特集

会社を買う売る継ぐ 永続させるために中身を変える ベンチャー型事業承継のススメ=黒崎亜弓

     従来の家業の枠にとどまらず、家業の経営資源を使って自分のやりたいことを実現させる──。こんな形の「ベンチャー型事業承継」を提唱するのが、企業ブランディング会社、千年治商店(兵庫県芦屋市)の山野千枝代表取締役だ。

     関西大学をはじめとする大学で、家が自営業の学生だけを集めたゼミを開催。今年6月には、IT系スタートアップ経営者らとともに、「一般社団法人ベンチャー型事業承継」を立ち上げた。

     山野さんは2001年から大阪市のビジネス情報紙編集長として多くの経営者を取材するなかで、注目の技術やサービスを開発しているのは後継ぎが多いことに気づく。提唱する「ベンチャー型事業承継」は、取材で出会った後継ぎ社長が使っていた言葉だ。この社長は自動車部品卸の3代目で、部品をカタログ販売する別会社を立ち上げていた。

    残り1656文字(全文2006文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月14日号

    コロナ不況 残る会計士 消える税理士14 大量リストラの再来も 高まる“キャリア不安” ■岡田 英/浜田 健太郎17 監査法人の交代 トーマツ、監査先の選別が鮮明 ■伊藤 歩18 「決算」で見る監査法人 「東芝粉飾」の新日本は後退 ■伊藤 歩23 不正会計「摘発」 粉飾発見ソフトにAI搭載 ■細野  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット