経済・企業特集

快走!自転車ツ~リズム 交通手段の中での自転車 国は位置づけを明確に=古倉宗治

 自転車は環境への負荷が少なく、国民の健康増進、災害時の交通機能の維持など、さまざまな国の重要課題に同時に対処できる手段として重要である。高齢化社会を迎えて日々の食料品の買い物が困難な「買い物弱者」が問題になる中、健康な高齢者の外出・移動手段の確保という観点からも、電動アシスト自転車などにより自転車活用を進める方策が必要だ。

 海外では、先進国を中心に1990年代から自転車政策が進められてきた。もともと自治体レベルで取り組んできたが限界があり、国レベルでの自転車利用を進める戦略や計画が策定されている。特に、オランダ、デンマーク、ドイツは自転車の位置づけを明確にしており、自転車利用率も高い。

残り802文字(全文1099文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事