経済・企業エコノミストオンライン

世界はスマートシティー・ブーム 高齢化社会の切り札にもなる=小尾敏夫/岩崎尚子

    世界スマートシティートップ10 (出所)イージーパーク社、2017年11月発表
    世界スマートシティートップ10 (出所)イージーパーク社、2017年11月発表

    「世界スマートシティー・フォーラム2018」がモスクワ市主催で7月16~18日に開催され、日本からは筆者(小尾)がスピーカーとして出席した。プーチン大統領もスピーチした国家の威信をかけた会議である。今年に入ってジャカルタ、シンガポール、上海でも同様な会議が開催され招待された。

     スマートシティーとは、IT(情報技術)や環境技術などをを使って効率的に運営される都市を指すが、その意味は、時代と共に進化している。当初は環境にやさしい持続可能な都市だったが、今は総合的に生活のすべてをAI(人工知能)やIoT(さまざまなモノをインターネットにつなぐ仕組み)で網羅する未来デジタル型都市といえる。

     世界は都市部を中心に人口爆発の過程にあり、国連が指摘するように早急に対策を講じないと、交通渋滞、失業・犯罪、エネルギー・食料危機、温暖化、環境疾病などで都市機能は麻痺(まひ)するリスクに直面する。

    残り2683文字(全文3076文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事