国際・政治

ブレグジット交渉 EUが厳しい態度 強まる「離脱先行論」=吉田健一郎

    9月20日の非公式首脳会合後に会見するEUのトゥスク大統領(左)(Bloomberg)
    9月20日の非公式首脳会合後に会見するEUのトゥスク大統領(左)(Bloomberg)

    「英国側提案は機能しない」

     9月19、20日にオーストリアのザルツブルクで開かれた欧州連合(EU)の非公式首脳会議後、EUのトゥスク大統領は、英国のEU離脱(ブレグジット)に関する英政府の提案に厳しい評価を下した。

     英国のメイ首相は7月、EU離脱後に英・EU間でモノの自由貿易圏を設立することを柱とする「唯一の信頼できる案」を提示した。離脱後もEUと近い関係を維持する「ソフト・ブレグジット(穏健離脱)」路線を、英政府が示したものと言える。

     しかし、英政府の提案発表後、「単一市場の良い所取り」と主張するEU側の否定的な反応が明らかになるに…

    残り930文字(全文1200文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット