教養・歴史特集

「独特の『雑味』が人間の内面を表現する」 対談 梅津時比古・桐朋学園大学学長×片山杜秀・慶応義塾大学教授 ストラディバリウスの世界 

     クラシック音楽界きっての評論家が名器を語った。

    (司会=藤枝克治・編集部/構成=花谷美枝・編集部)

    「ストラディバリウスの規範だけに縛られるべきではない」

    ── ストラディバリウスは他のバイオリンと何が違うのか。

    梅津 値上がりはいわば投機などの経済現象で、価格が適正かという問題はあるが、楽器としては他に類を見ないものであることは確かだ。軽自動車とF1くらいの違いがある。

     2000人収容の大ホールでオーケストラと共演する時、30万円程度のバイオリンでは確実に音が消えてしまう。しかし、力のある演奏者がストラディバリウスで弾けば、オーケストラのトゥッティ(全員での合奏)があっても、そこからソリストの音だけが抜き出てきて、ホールの隅々まで真っすぐ豊かに響く。それは圧倒的なものだ。

    残り3373文字(全文3711文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事