投資・運用特集

12億円もかかったタワマンの大規模修繕金

    タワーマンションの“難題” 大規模修繕に「12億円」 大幅な積立金の引き上げも=米山秀隆

     近年、タワーマンションが数多く建設され、今後の供給計画も後を絶たない。不動産経済研究所によれば、2018年以降に完成予定の超高層マンション(20階建て以上)は294棟・10万8757戸(18年3月末時点)に上る。うち都区部での供給計画は123棟・5万5570戸に達し、戸数ベースで51%を占める(表)。20年の東京五輪・パラリンピックの選手村にも、大会後、超高層マンションが建つ。

     超高層マンションは、1976年竣工の与野ハウス(埼玉県さいたま市)が最初で、その後、供給はあまり増えなかったが、00年前後から都市再生の波に乗り、規制緩和の効果もあって急速に供給が増えた。

    残り2138文字(全文2468文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事