テクノロジー

がんに勝つ薬 関連銘柄2 医療機器・AI 手術支援ロボ「ダビンチ」追う川崎重工業・シスメックス=繁村京一郎

    手術支援ロボット「ダビンチ」
    手術支援ロボット「ダビンチ」

    【手術支援ロボット】

     がんの外科手術は開胸、開腹など身体の負担を伴うが、近年は身体にダメージを与えるリスク(侵襲性)をより抑える「ロボット支援下内視鏡手術」が普及している。2018年4月には、前立腺がん、胃がん、食道がん、直腸がんなど一気に12術式の保険適用が追加承認された。

     この分野はなんといっても、米インテュイティブ・サージカル社の手術支援ロボット「ダビンチ」の独壇場だ。日本ロボット外科学会によると、16年9月末時点の国内ダビンチ設置台数は237台、15年の症例数は1万3228件だった。その後に保険適用の範囲が拡大しているので、さらに増加していると見られる。

     ダビンチによる手術は低侵襲で入院日数も短い、とメリットが大きいが、課題もある。価格だ。最新モデルの「ダビンチX」は1・7億円で、保守点検や鉗子(かんし)など消耗品のコストを含めると、相当な数の手術をこなさないと採算が合わない。

    残り2198文字(全文2596文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事