テクノロジー

ノーベル賞・本庶佑氏が語る 21世紀は免疫療法でがんを克服=編集部 がんに勝つ薬

    本庶佑 京都大学特別教授(毎日)
    本庶佑 京都大学特別教授(毎日)

    「がんは過去半世紀にわたり、死亡の大きな要因であり、人口の高齢化とともにこの傾向は続いている。しかしながら最近、希望が見えてきたと多くの人が考え始めている」

     今年のノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑・京都大学特別教授が10月、神戸市で「免疫でがんを治す」をテーマに講演した。人々は長く感染症に苦しめられたが、1928年に発見された抗生物質(抗菌薬)ペニシリンによって、その歴史は大きな変貌をとげた。ペニシリンを契機に新しい抗菌薬やワクチンの開発が盛んになり、結核や肺炎から人々を救った。本庶氏は、オプジーボなどをペニシリンに例え、免疫療法でのがん克服に期待を込めた。

     本庶氏は、がんを免疫で直そうという研究は長く続けられてきたが、その多くは免疫系を元気づける仕組みが…

    残り641文字(全文978文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット