テクノロジー

ノーベル賞・本庶佑氏が語る 21世紀は免疫療法でがんを克服=編集部 がんに勝つ薬

    本庶佑 京都大学特別教授(毎日)
    本庶佑 京都大学特別教授(毎日)

    「がんは過去半世紀にわたり、死亡の大きな要因であり、人口の高齢化とともにこの傾向は続いている。しかしながら最近、希望が見えてきたと多くの人が考え始めている」

     今年のノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑・京都大学特別教授が10月、神戸市で「免疫でがんを治す」をテーマに講演した。人々は長く感染症に苦しめられたが、1928年に発見された抗生物質(抗菌薬)ペニシリンによって、その歴史は大きな変貌をとげた。ペニシリンを契機に新しい抗菌薬やワクチンの開発が盛んになり、結核や肺炎から人々を救った。本庶氏は、オプジーボなどをペニシリンに例え、免疫療法でのがん克服に期待を込めた。

     本庶氏は、がんを免疫で直そうという研究は長く続けられてきたが、その多くは免疫系を元気づける仕組みが中心だったと説明。「このようなアクセルを踏み込む免疫治療は、前世紀の末から期待されていたが、実用化には至らなかった」と振り返る。

    残り577文字(全文978文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月10日・17日合併号

    2021年下期世界経済&マーケット総予測14 ホテル・飲食業が出店再開 「K字型回復」に戸惑う市場 ■中園 敦二/和田 肇17 インタビュー 菊地 唯夫 ロイヤルホールディングス会長 「4度目の緊急事態は想定外」20        平井 卓也 デジタル改革担当相 「スマホ60秒で行政サービス」23 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事