投資・運用負けない投資信託2019

償還 「繰り上げ」が増加傾向 ファンドの規模に注意=永長祥典

     ファンドの設定本数はこれまで順調に増加していたが、足元では変化の兆しも見られる。2018年1~11月には新規で設定された国内公募追加型株式ファンドが353本となっており、暦年では前年の480本を下回り、13年以降で最も低い水準となっている。

     一方で、18年1~11月の償還ファンドは270本となっており、前年の293本に近い高い水準で長期的に増加傾向にあるといえる。新設ファンドの減少と、償還ファンドの増加によりファンド本数は頭打ちに近い状況となっている(図)。

     償還の中でも、あらかじめ決まっていた信託期間が終了する前に投資信託の運用を終了させること、もしくは…

    残り1029文字(全文1311文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット