投資・運用負けない投資信託2019

販売36社の「成績表」 独立系が上位独占 含み益ある顧客は6割=編集部

運用損益別の顧客比率
運用損益別の顧客比率

 2018年は、投資信託をめぐる政策で大きな出来事があった。金融庁が、投資信託の販売会社を比較できるようにする共通の成果指標(KPI)の公表を求めたのだ。共通KPIは金融機関がどれだけ顧客本位で投信を販売しているかを測る物差しで、販売金融機関の成績表と言える。

 18年9月末までに公表したのは、銀行や証券会社など計39社。

 共通KPIの一つは3月末時点で、顧客が利益を出しているのか、損をしているのかを示す「運用損益別顧客比率」だ。金融庁のまとめでは、39社のうちこの比率を公表している36社の平均で含み益が出ている顧客は6割。97・7%から31・8%まで開きがあった(図)。

残り226文字(全文514文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事