投資・運用負けない投資信託2019

ポイント投資 元手なしで投信が買える クレディセゾン、ドコモなど導入=村田晋一郎

(注)*1マネックス・セゾン・バンガード投資顧問はロボットアドバイザー「MSV LIFE」を運用*2お金のデザインはロボットアドバイザー「THEO」を運用 (出所)各社資料を基に編集部作成
(注)*1マネックス・セゾン・バンガード投資顧問はロボットアドバイザー「MSV LIFE」を運用*2お金のデザインはロボットアドバイザー「THEO」を運用 (出所)各社資料を基に編集部作成

 投資信託の手軽な入り口として、ポイントサービスのポイントを利用して投資を行うサービスが広がっている。ポイントによる投資は、利用者が既にためているポイントを利用するため、ある意味で元手はゼロで始められる気軽さがある。一時的に損失が発生したとしても、現金を失うよりもポイントを失うほうが、精神的なダメージは軽微で済むと見られる。

 三菱UFJ国際投信が2018年11月に実施した「ポイント投資に関するアンケート」では、ポイント投資を始めた理由として、「ポイントなら実際のお金と違い、損をしてもいいと思ったから」が「ポイントを増やせそうだったから」に続く2番目に挙がっている。ポイント投資は、これまで投資を全く行ったことがない人にとっては、心理的なハードルを下げ、投資への間口を広げることになる。

残り841文字(全文1186文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事