投資・運用負けない投資信託2019

バフェットに学ぶ 複利でお金を働かせる 人生100年時代の投資=尾藤峰男

    「周りが恐れているときに貪欲になれ」と言うバフェット氏(Bloomberg)
    「周りが恐れているときに貪欲になれ」と言うバフェット氏(Bloomberg)

     投資信託は、資産運用で必須のツールだ。日本では個人の金融資産のうち投資信託は4%しかないが、米国では12%を占める。日本の個人の金融資産は預金(52.5%)や保険(28.5%)が主体であるが、超低金利のなか、これらに置いておくのは非常に危険といっても過言ではない。

     資産形成は、20年、30年という人生の時間軸で臨まなければいけない。短期で利益を取ろうとするのは、かえって危険である。たとえ利益が取れたとしても、同じ短期で次は損して、まとめてみれば結局は損ということが多い。その間の資産運用で大切な時間を無駄にすることになる。資産運用は、植物を育てるのと同じに考えるのが、もっとも座りがいい。時間をかけて大きくなっていくのを眺めているのである。その間、私たちが仕事をしているのと同じように、お金も働いているということだ。いわばデュアルパワーで働いているということになる。今の超低金利下、預金や保険に入れていては、お金は働かない。

     長期で持てば、複利効果を最大限に発揮できる。実は資産運用での最大の着目点は、この複利効果である。短…

    残り3106文字(全文3571文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット