投資・運用負けない投資信託2019

ESG投資 総額は232兆円 投資の根拠開示を=吉田喜貴

    「結い2101」の純資産総額は増えている
    「結い2101」の純資産総額は増えている

    「ESG投資」という言葉を目にする機会が増えた。ESG投資とは、財務情報だけでなく、環境、社会、ガバナンスの要因を勘案して投資判断を行うもの。日本では2015年に国民の年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、ESGを投資プロセスに組み入れる国連の「責任投資原則」に署名して以降、注目されるようになった。日本サステナブル投資フォーラム(JSIF)の調査によると、日本のサステナブル投資(ESG投資やインパクト投資などの総称)の合計額は約232兆円。調査に協力した運用会社・年金基金の運用総額の約4割を占めるという。

     だが残念ながら、私たちがESG投資の考え方に賛同し投資信託を選ぼうとしても、投資に値する商品はほと…

    残り1109文字(全文1425文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月2日号

    老後2000万円貯める! おまかせ投資16 高まるアクティブ人気 中小型株は「宝の山」 ■稲留 正英/吉脇 丈志18 投信投信の「迷信」を斬る! 危うい「インデックス信仰」 “本格志向”投信の選び方 ■中野 晴啓20 開示資料は情報の宝庫 投信と長く付き合うための“五つのP” ■竹川 美奈子22 外 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット