投資・運用負けない投資信託2019

相関低い資産を組み合わせ 「リスク管理型」も選択肢=篠田尚子

下落局面でも慌てない(Bloomberg)
下落局面でも慌てない(Bloomberg)

 世界経済の先行きが不透明さを増す中、2018年は日経平均株価が7年ぶりに前年末に比べて下落した。12年末のいわゆるアベノミクス相場開始以降では初の下落となり、この6年以内に投資を始めた投資家は特に不安に感じたことだろう。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

 こうした中、18年は投資信託も運用面で苦戦を強いられた銘柄が多かった。表1は、純資産残高100億円以上のファンドを対象に、過去3年間の騰落率上位30銘柄をランキングしたものだ。国内中小型株式に投資するファンドのパフォーマンスが良好だったため、いずれも3割から10割上昇しているが、過去1年間では1銘柄を除き全て下落している。資産タイプ別に見ると、年間を通して堅調な推移を見せたのは国内REIT(リート)(不動産投信)のみ(表2)。日経平均株価が乱高下を繰り返した中で、東証REIT指数は安定した値動きを維持した。国内REITというと、相対的な利回りの高さが強調されるが、為替リスクの影響を受けにくく、日米株式との相関も低いため、資産分散効果に期待して取り入れるのも良い。資産分散の鉄則は、相関の低い資産を組み合わせることである。国内REITファンドの保有は、分散効果を体現できる良い例といえよう。

残り1916文字(全文2440文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事