マーケット・金融マーケット総予想2019

日本金利 低下 政策変更なく低位安定 後半は景気下振れ意識か=福本勇樹

     2019年の国内経済のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は、世界経済の減速懸念や原油価格が低位安定していることなどから、国内総生産(GDP)成長率予想や期待インフレ率に大幅な改善は見込みにくいだろう。

     また、日本銀行による追加緩和政策が限られており、金融政策に大きな変更も生じないと想定される。これらの国内要因から、日銀のバランスシート拡大は、ペースが緩やかになっているものの、今後も継続することで、長期金利の平均水準は18年後半の0・1%よりも0・03%程度低下方向に修正されると予想する。

     長期金利の変動は、主に米国の長期金利との連動性に起因するだろう。米連邦準備制度理事会(FRB)が市場に配慮する姿勢を見せたことで、18年12月末より始まった市場心理の悪化に起因した「行き過ぎた金利低下」は徐々に修正されよう。

    残り291文字(全文653文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット