経済・企業マーケット総予想2019

ドル・円 円高 米議会「ねじれ」で停滞 年末に1ドル=100円へ=池島俊太郎

     2019年は米国議会で上院は共和党、下院は民主党がそれぞれ主導権を握る「ねじれ」となり、トランプ政権による新たな減税や財政支出は期待しにくい。一方で減税の効果は次第に剥落していく見込みだ。相対的に米国の優位性が低下することで、ドル独り勝ちの状況からほかの通貨へのシフトが見られ、ドル・円は時間の経過とともに下落していくのが基本的な見通しだ。

     18年末以降、市場ではドル買い要因((1)米国企業の自国への資金還流、(2)不安定な欧州政治を嫌気したドルへのシフト)が薄まる一方、ドル安・円高要因((1)米国景気の減速懸念、(2)米利上げ期待の剥落、(3)株安)が強まった結果、大きく反応。足元では年末年始に生じた流動性が低下する中、円ショートポジション巻き戻し(円買い)が活発化し、一時104円台までドル安・円高が進んだ。

    残り333文字(全文693文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット