経済・企業マーケット総予想2019

ドル・円 円高 米中摩擦のリスク再燃 年末に1ドル=90円台も=嶌峰義清

     2019年前半のドル・円相場は、主に海外の政治イベントに振り回されるだろう。2月末には米中貿易交渉、3月下旬には英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が、それぞれ期限を迎える。最悪の事態を回避するために歩み寄りの可能性はある。

     米中交渉なら一部合意で関税引き上げまでの期限の再延長、ブレグジットならEU加盟国の合意により最終離脱までの期限延長が考えられる。市場のリスク許容度を低下させている二つの問題が先送りされれば、1ドル=110円台前半までドル高・円安が進む余地がある。

     一方、年後半には世界景気への不安感から、ドル安・円高へ転じるだろう。世界経済は減速傾向を強めており…

    残り380文字(全文670文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット