マーケット・金融マーケット総予想2019

ユーロ・ドル 上昇 政情不安で1.1ドル割れ 沈静化後はユーロ高基調=阪井勇蔵

     欧州各国では政情不安が山積している。英国の欧州連合(EU)離脱協議を巡るメイ英首相の求心力低下、ドイツのメルケル首相引退による政局の先行き不透明感、イタリアのポピュリズム(大衆迎合主義)政党によるEUとの対立など、ユーロは売られやすい状況が続く。

     このため、年前半は節目の1ユーロ=1.1ドルを割り込んで1.09ドル付近まで下落するだろう。しかし、その一方で、政情不安ではEUとの協調を探るなどの動きも予想され、徐々に沈静化すると見ている。6月ごろにドル高・ユーロ安はピークを迎えそうだ。

     その後の市場の関心は、欧米の金融政策に移っていくとみられる。米国では中国との貿易摩擦の影響で、2018年には好調だった製造業などの経済指標に陰りが出ている。米連邦準備制度理事会(FRB)は景気に配慮して、利上げを急がない姿勢を見せている。他方、政策面では民主党が下院を握っているため、トランプ政権は思い切った財政政策の実現は難しく、保護主義的な通商政策を強化しそうだ。これらはドル売り要因となり、ユ…

    残り226文字(全文671文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事