マーケット・金融マーケット総予想2019

ユーロ・ドル 上昇 政情不安で1.1ドル割れ 沈静化後はユーロ高基調=阪井勇蔵

     欧州各国では政情不安が山積している。英国の欧州連合(EU)離脱協議を巡るメイ英首相の求心力低下、ドイツのメルケル首相引退による政局の先行き不透明感、イタリアのポピュリズム(大衆迎合主義)政党によるEUとの対立など、ユーロは売られやすい状況が続く。

     このため、年前半は節目の1ユーロ=1.1ドルを割り込んで1.09ドル付近まで下落するだろう。しかし、その一方で、政情不安ではEUとの協調を探るなどの動きも予想され、徐々に沈静化すると見ている。6月ごろにドル高・ユーロ安はピークを迎えそうだ。

     その後の市場の関心は、欧米の金融政策に移っていくとみられる。米国では中国との貿易摩擦の影響で、20…

    残り376文字(全文671文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット