マーケット・金融マーケット総予想2019

ユーロ・ドル 小動き 弱体化する欧米経済 独り負け可能性低く=遠藤寿保

     今年のユーロ・ドル相場はイタリア、フランス、ドイツの政治・経済情勢が鍵を握るとみている。

     イタリアは財政赤字が大きな懸念だ。同国政府は、欧州連合(EU)の財政ルールに違反した予算案を編成。その後、赤字額を削減して承認されたが、実行は疑問視する声もある。フランスも燃料税見送りで、財政赤字拡大の恐れがある。さらにマクロン大統領に対する不信任案提出の可能性もあり、政権も不安定な状況だ。ドイツでもメルケル首相が2021年での引退を表明、社会民主党の連立政権離脱がささやかれている。英国によるEU離脱交渉の難航もある。これらはユーロ売り材料だ。

     一方、ユーロ圏経済全体を見た場合、昨年秋の原油価格の下落により、12月の消費者物価指数(HICP)は1.6%と、欧州中央銀行(ECB)の目標とする2%を下回っている。上記のマイナス要因の画期的な改善は難しいだろう。

    残り298文字(全文676文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事