マーケット・金融マーケット総予想2019

中国 懐疑 目立つ景気減速の兆し 残る対策は少なく=梅原直樹

     米中通商協議が続くなか、2018年第4四半期(10~12月)後半に至り、中国で景気減速の兆しが目立ち始めた。

     1月21日に発表された18年第4四半期の実質GDP(国内総生産)成長率は速報値で前年同期比6.4%と、第3四半期の同6.5%より0.1ポイント悪化した。

     18年通年では6.6%と17年から0.2ポイント悪化したが、政府予想の6.5%前後には収まった。中国は、引き続き安定的な成長減速の流れのなかにあるが、今後の「貿易戦争」次第では、減速傾向が強まる懸念がある。

     中国は、一党独裁の政治体制を強化しながら、やや攻撃的な外交姿勢を取り、国家が主体となって貪欲に先端技術を海外から吸収している。米国は、技術優位性が脅かされることに警戒感を強め、18年には明確に中国を安全保障上の脅威として捉えた。大きな国際環境の変化に直面し、習近平国家主席は自国内で技術開発の完結を目指し始めた。

    残り243文字(全文636文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事