マーケット・金融マーケット総予想2019

金 強気 米利上げ観測後退と米政権混乱で上昇=亀井幸一郎

     2019年の金価格を見る上で二つのキーワードがある。「米連邦準備制度理事会(FRB)の政策転換」と「決められない政治」だ。それぞれの経路をたどって最終的にドル安につながり、金価格を押し上げるだろう。

     米利上げはドル高につながり、金の売り要因となる。FRBは政策運営を柔軟に見直す方針を表明し、今年2回の利上げシナリオは後退することになった。金市場には、この方向転換は強材料だ。

     政治リスクも金市場の関心事だ。トランプ政権と下院の主導権を握る民主党との政治抗争が過熱し、夏場にかけて連邦政府の債務上限引き上げ問題が控える。振り返ればオバマ政権時代の11年8月、政権と議会共和党との対立から米国債はデフォルト(債務不履行)が懸念された。S&Pは「決められない政治」を背景に米国債の格下げを発表し、2週間で金価格が200ドル余り急騰。今回は昨年から急拡大している財政赤字も問題視され…

    残り279文字(全文668文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事