マーケット・金融マーケット総予想2019

米景気 底堅い 景気減速懸念は過度 家計の購買力高く堅調=村嶋帰一

    米国の総賃金伸び率の推移
    米国の総賃金伸び率の推移

     株式市場は最近こそ持ち直してはいるものの、2018年末にかけてグローバルに急低下した。19年の世界経済について、悲観的な見方が強まったことが、その背景と考えられる。市場の変動から判断する限り、市場参加者は米国を含め、19年の世界経済が急減速すると見込んだことになるが、悲観サイドに傾き過ぎているように思われる。

     米国景気については、トランプ政権による減税によりかさ上げされており、それがひとたび剥落すれば、個人消費を中心に急減速が避けられないという見方が散見される。確かに、トランプ減税の景気刺激効果は今年の年央以降、剥落していくとみられる。ただ、個人消費の行方を考える上では、家計を巡る所得形成メカニズムがしっかりと定着しており、それが今後も個人消費を支えていく可能性が高いことが重要である。

    残り888文字(全文1236文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット