【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用為替でわかる世界経済

「1ドル=114円」程度まで円安は進む 対外投資増と円買いなき経常黒字=佐々木融

日本企業の対外投資加速は円売りの要因に(トヨタの米国工場)(Bloomberg)
日本企業の対外投資加速は円売りの要因に(トヨタの米国工場)(Bloomberg)

 しかし、筆者が見る本来の均衡点はそれよりもかなり高く、現在の円は、実質的に見て「歴史的な円安水準」にあると考えられる。しかし、そうした円安水準にあるにもかかわらず、19年を見通すと円が“強くなれない”要因がくすぶっている。

100兆円の円売り

 ドル・円が、かなりの円安水準にあることは日米の物価上昇率が示している。過去20年間、米国の物価上昇率は日本の物価上昇率より50%も高かった。これは「同じ品物に対して、ドルの価値が50%下落し、日本円の価値が変わらなかった」のと同じだ。ドルの価値が円の価値に対して50%下落したにもかかわらず、ドル・円の実勢レートの水準が20年前とほぼ同水準にあるということは、今のドルは実質的には高すぎ、円は安すぎるということになる。

 どのくらいドルが高い(円が安い)かは、ドル・円の「購買力平価」と比較してみると分かる。購買力平価は、国が異なっても同じ製品の価格は一つであるという法則(一物一価)が成り立つ時の、2国間の為替相場を指す。

残り1904文字(全文2337文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事