投資・運用為替でわかる世界経済

プロが重視する5指標 短・中・長期で使い分ける=市川雅浩

     内外金利差、すなわち日本の金利と、円と交換対象となる通貨の金利との差は、為替レートに影響を与える重要な要素である。例えばドル・円を考えた場合、日本の金利よりも米国の金利の方が高ければ、一般には円よりもドルを保有する動機が強まるため、ドル・円はドル高・円安に振れやすくなる。つまり、日米金利差の拡大はドル高・円安を、縮小はドル安・円高を、それぞれ促す要因となる。

     短期的な為替取引で利ざやを稼ぐ投機筋は、この内外金利差に注目することが多く、そのため、内外金利差は短期的な為替レートの変動要因と捉えることができる。また、低金利通貨で資金を調達し、高金利通貨で資金を運用する、いわゆる「キャリートレード」も、この内外金利差に着目した為替取引手法である。

    残り3904文字(全文4228文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月29日号

    スガノミクス 狙う株14 バフェットの商社買い ソフトバンク株乱高下 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 ソフトバンクGのMBOは大ショック ■広木 隆17 市場関係者の見通し ■黒岩 泰/小高 貴久/市川 雅浩18 高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株 30銘柄 ■大川 智宏21 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット