投資・運用老後2000万円おまかせ投資

投資の12達人に聞く「わが運用哲学」 レオス・キャピタルワークス 藤野英人

    藤野英人(レオス・キャピタルワークス)
    藤野英人(レオス・キャピタルワークス)

    <レオス・キャピタルワークス 藤野英人社長>

     世間には“ひふみは残高が増えたことで、結局、東証株価指数(TOPIX)と同じような運用成績しか出せなくなるのでは”という見方があるが、それは全く見当外れだ。

     TOPIXは構成銘柄の上位200社でその時価総額の7割を占めている。この上位200社に入っている銘柄の保有が多いほど、ファンドの運用成績はTOPIXに近づく。ひふみはこの上位200社に入っている銘柄の保有が少なく、それ以外やジャスダックの銘柄の割合が多い。これらの企業の成長率は非常に高い。業績と株価が連動しているので、ひふみの運用成績も良くなる。

     ひふみのキャラクターを表すために、「火風水土心」という言葉を使っている。“火(ひ)風(ふ)水(み)土(と)心(しん)”で「ひふみ投信」。「火」は成長銘柄、「風」はAI(人工知能)などのトレンド銘柄、「水」はディフェンシブ銘柄、「土」は“地に足の着いた”会社、「心」は企業のあるべき姿を示す。料理に例えると、ご飯の上にマグロもウニもイカも乗っていておいしい「海鮮丼」のようなものだ。個性の違う…

    残り710文字(全文1182文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット