投資・運用老後2000万円おまかせ投資

投資の12達人に聞く「わが運用哲学」 コモンズ投信 伊井哲朗

    伊井哲朗(コモンズ投信
    伊井哲朗(コモンズ投信

     <コモンズ投信 伊井哲朗社長>

    “30年目線”で企業の強さ見極める

     個人の長期の資産形成に役立つ長期投資のファンドを作ろうと11年前に会社を立ち上げた。

     平成元年から平成31年4月まで東証に一貫して上場していたのは1287社。この間、日経平均株価は26%下落した一方、時価総額を5倍以上に増やした銘柄が64社ある。最大は日本電産の68倍だ。

     例えば、早い時期に日本電産に投資できた人がいたとしても、株価が倍になった時点で売ってしまった可能性もある。30年間には相場の大暴落が何度もあり、長期間保有し続けることは難しい。したがって、企業の成長を全部取ろうとした場合、長期投資できるかどうかが極めて重要になる。

    残り921文字(全文1224文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事