投資・運用老後2000万円おまかせ投資

投資の12達人に聞く「わが運用哲学」 鎌倉投信 鎌田恭幸

鎌田恭幸(鎌倉投信)
鎌田恭幸(鎌倉投信)

 <鎌倉投信 鎌田恭幸社長>

小さいが“図抜けた”企業に投資する

 当社が運用するファンドは直販の「結い2101」のみ。投資哲学は「良い会社を心を込めて応援する」。日本の社会課題を解決するような要素を持った事業性と社会性、両面を持った会社に投資する。他の運用会社と決定的に違うのは、投資先が良い会社であり続ける限りは、銘柄入れ替えをせず、持ち切る点だ。

 投資先企業を見るときは、利益性や株価の水準はあまり重視しない。最初に見るのは会社の性格。良い会社かどうかは、評価ポイントを35項目ほど設けて洗い出す。大きく分けると「人、共生、匠」というキーワードで表現している。人の強みを生かす、循環型社会を作る、独自の技術を持っている、などの観点から現在65社に投資している。

残り1114文字(全文1445文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事