投資・運用老後2000万円おまかせ投資

投資の12達人に聞く「わが運用哲学」 アセットマネジメントOne 岩谷渉平

    岩谷渉平(アセットマネジメントOne)
    岩谷渉平(アセットマネジメントOne)

     <アセットマネジメントOne 岩谷渉平ファンドマネジャー>

     この先、爆発的な利益成長が期待できる銘柄に投資するのが「DIAM新興市場日本株ファンド」だ。ファンドに組み入れている各企業への投資開始時期は、株式公開直後が多い。銘柄選定では創業動機を重視する。経営者が、なぜそのビジネスを始めたのか、人生をかけて社会の課題を解決していく姿勢があるかを見る。医療・教育・製薬・働き方など世の中が抱えている大きな課題に対し、その先端で取り組む銘柄に投資する。

     足元の業績から審査すると減収減益の企業は投資対象から外れてしまう。財務面の定量分析も大切だが「自分の子供を就職させるならどこが良いか、身の回りにあるサービスが良い会社はどこか」という視点が大切だ。

    残り353文字(全文677文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット