投資・運用老後2000万円おまかせ投資

投資の12達人に聞く「わが運用哲学」 ニッセイアセットマネジメント 伊藤琢

    伊藤琢(ニッセイアセットマネジメント)
    伊藤琢(ニッセイアセットマネジメント)

     <ニッセイアセットマネジメント 伊藤琢 チーフ・ポートフォリオ・マネジャー>

     企業の「将来の収益力」に着目するのが当社の「げんせん投信」だ。収益力を測る重要な指標が「CFROI」。簡単に言えば、投下した資金に対して現金をどのくらい生み出しているかを判断する指標だ。

     直近3年のCFROIの改善幅が高い順に企業を4分位に分ける。将来も最も上位の分位の企業に投資すれば、収益が期待できるがその判断が難しい。

     そこで着目したのが「見えない資産」だ。企業には競争力の源泉となる(1)組織資産=組織全体の力、(2)人的資産=従業員の力、(3)顧客資産=顧客満足度──という数字に表れない資産がある。この三つをそれぞれ、(1)ワクワク、(2)生き生き、(3)ニコニコというキーワードで呼んでいる。

    残り378文字(全文721文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット