投資・運用老後2000万円おまかせ投資

投資の12達人に聞く「わが運用哲学」 三菱UFJ国際投信 野崎始

    野崎始(三菱UFJ国際投信)
    野崎始(三菱UFJ国際投信)

     <三菱UFJ国際投信 野崎始エグゼクティブファンドマネジャー>

    割安株への目配り怠らず反発に備える

     運用を担当する「三菱UFJバリューオープン」の特徴は投資判断基準から実際の投資に至るプロセスが明確である点だ。具体的には時価総額と流動性を基準に選んだ1000銘柄から、財務の健全性や割安なPER(株価収益率)などを基準に400銘柄に絞り込む。そこから、2期先の予想1株利益、事業評価、経営力を基準に150銘柄に絞り、最後に個別の魅力度などを見て50~80銘柄でポートフォリオを組む。

     あらかじめ設定された株価に到達したら基本的に機械的に売る。常にポートフォリオを厳格な投資基準にのっ…

    残り347文字(全文638文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット