投資・運用老後2000万円おまかせ投資

投資の12達人に聞く「わが運用哲学」 三菱UFJ国際投信 野崎始

    野崎始(三菱UFJ国際投信)
    野崎始(三菱UFJ国際投信)

     <三菱UFJ国際投信 野崎始エグゼクティブファンドマネジャー>

     運用を担当する「三菱UFJバリューオープン」の特徴は投資判断基準から実際の投資に至るプロセスが明確である点だ。具体的には時価総額と流動性を基準に選んだ1000銘柄から、財務の健全性や割安なPER(株価収益率)などを基準に400銘柄に絞り込む。そこから、2期先の予想1株利益、事業評価、経営力を基準に150銘柄に絞り、最後に個別の魅力度などを見て50~80銘柄でポートフォリオを組む。

     あらかじめ設定された株価に到達したら基本的に機械的に売る。常にポートフォリオを厳格な投資基準にのっとり、銘柄を入れ替えている。一般的なファンドより規律が利いている。当ファンドに専属の9人全員がアナリスト兼ファンドマネジャーで、徹底的に議論して組み入れ銘柄を決める。

    残り281文字(全文638文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット