投資・運用老後2000万円おまかせ投資

投資の12達人に聞く「わが運用哲学」 ラッセル・インベストメント 箱崎真紀子

    箱崎真紀子(ラッセル・インベストメント)
    箱崎真紀子(ラッセル・インベストメント)

     <ラッセル・インベストメント 箱崎真紀子・シニアポートフォリオマネージャー>

     当社が運用するファンドのポートフォリオは、個別企業の株式などでなく、世界の優秀な運用会社が組むファンドを組み合わせて構築している。これは「マルチ・マネージャー・ファンド」と呼ばれる投資手法だ。

     複数の運用会社を組み合わせることでリスク分散し、同じ超過収益をより低いリスクで実現する。通常、全ての分野で高い運用能力を持つ運用会社を見つけることは非常に困難だが、当社は、世界1万3840の運用プロダクトをモニターしている。

     商品としては「ラッセル・インベストメント日本株式ファンド」などがある。運用会社の選定にあたっては、過去の運用実績も考慮するが、プロセスや人材を特に評価する。実際に運用担当者に会わないと経験値や洞察力、銘柄に対する知識、運用スキルが評価できないため、書面調査や定量データは基礎的な材料でしかなく、最終的には面談を重ねる必要がある。

    残り287文字(全文701文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット