投資・運用老後2000万円おまかせ投資

投資ブロガー座談会 私はこう見分ける! “買い”のアクティブ投信

    左からShimoyamaさん、rennyさん、吉田喜貴さん
    左からShimoyamaさん、rennyさん、吉田喜貴さん

     インデックス偏重の風潮は果たして正常なのか。辛口の個人ブロガー3人が、投信業界の闇と良いファンドの条件をズバリ指摘する。

    (司会=編集部、構成=向山勇ライター)

    ── 最近のインデックス投資偏重の風潮をどう感じるか。

    renny 株価指数で運用するインデックスが良いと騒いでいるのは投信に詳しい一部の人だけ。一般の人には、投信自体の知名度はまだまだ低い状態。「インデックスかアクティブか」以前の問題だ。

    Shimoyama むしろ機関投資家がインデックス偏重になっている。インデックス運用の方が「顧客に説明責任を果たしやすい」との事情があるので、仕方がないのかもしれない。しかし、良い会社に投資するのを諦めるのは良くない。インデックスを買うと、悪い会社にも資金が回ってしまう。

    残り2643文字(全文2978文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事