マーケット・金融THE MARKET

穀物 供給逼迫で上値試す=柴田明夫

     米中貿易戦争の長期化を背景に低迷を続けていたシカゴ穀物価格が5月末に急反騰した。トウモロコシは同30日に1ブッシェル=4・36ドルを付け5年ぶりに4ドル台を回復。同13日の安値から30%の上げだ。大豆、小麦も各8ドル、4ドルの節目を大きく回復。背景は米中西部穀倉地帯の天候不順だ。

     その穀倉地帯では春先以降、低温・大雨・洪水により、トウモロコシ、大豆の作付けが大幅に遅…

    残り278文字(全文463文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット