マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 日銀短観6月調査(7月1日) 米中摩擦激化の影響を点検=上野剛志

    (注)17年12月調査以降は用さ対象見直し後のベース、19年6月の値は3月調査での先行き見通し (出所)日本銀行「全国企業短期経済観測調査」
    (注)17年12月調査以降は用さ対象見直し後のベース、19年6月の値は3月調査での先行き見通し (出所)日本銀行「全国企業短期経済観測調査」

     7月1日に日銀短観6月調査が公表される。今回の調査は激化の一途をたどる米中貿易摩擦が日本企業にどこまで影響を及ぼしているかを点検するための重要な材料になる。

     前回調査後に公表された4月の輸出や生産は下げ止まったものの、反発力は弱い。さらに5月上旬にはトランプ米大統領が中国製品に対する追加関税引き上げを表明、米中摩擦が激化した。米利下げ観測による円高進行も輸出の逆風になっている。

     6月短観では、こうした事業環境の悪化を受けて、製造業の景況感が前回に続いて悪化に向かう可能性が高い…

    残り542文字(全文783文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット