週刊エコノミスト Online東奔政走

「現状肯定」「将来不安」巡る攻防 老後資金問題が決戦の主戦場に=人羅格

    「老後に貯蓄2000万円が必要」との金融庁報告書をめぐる騒動は、12年前の参議院選挙で「消えた年金」が与党に与えたトラウマを改めて印象づけた。

    「現状肯定感」と「将来不安」のどちらを有権者は重視するのか。夏の政治決戦の行方を大きく左右する主題である。

    「長州vs徳川」?

     今月15日、静岡県浜松市で参院選静岡選挙区(改選数2)の様子を取材した。立憲民主党から徳川家19代「宗家」にあたる経済評論家、徳川家広氏(54)の出馬が決まり、関心を集めている。

     自民現職の牧野京夫氏(60)、国民民主の現職、榛葉賀津也氏(52)、共産新人の鈴木千佳氏(48)の3氏の争いとみられたが、立憲も「静岡で徳川」のブランド戦略で新人を擁立した。

    残り1769文字(全文2080文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事