週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

ブラジル 不況のなか気を吐くペット市場=松本浩治

    NGOに無料で場所を提供し、養子縁組キャンペーンを推進(Bloomberg)
    NGOに無料で場所を提供し、養子縁組キャンペーンを推進(Bloomberg)

     一人暮らしの増加や出生率の低下・高齢出産が増えているブラジルで、「ペットの家族化」が目立ってきている。ペットの幸福を願って消費者が高級製品を選ぶことも影響。経済不況にもかかわらず、ペット製品市場は大きく成長している。

     2018年度の世界のペット市場は前年対比9・8%増の約5623億円の収益で、そのうちブラジルは米国(50%)に次ぐ世界第2のシェア(6・4%)を占めた。

     中西部以南で82店舗、2万点を超える商品を販売しているブラジル第2のペット関連製品小売業者のペッズ社は、事業拡張の一環としてペットのデイケアサービスやペットホテルなど多角経営にも参画。捨てられた犬や猫などの動物を養子縁組させるキャンペーンも推進。同社は19年度に10億レアル (約280億円)の収益達成を見込んでいる。

    残り176文字(全文522文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事