週刊エコノミスト Online

工藤慎一 エクボ社長 ロッカー難民を減らしたい

 カフェや飲食店といった店舗の空きスペースで、旅行者らの荷物を預かるサービス「エクボ・クローク」を展開。外国人観光客が押し寄せる東京五輪・パラリンピックを前に注目を集めている。

(聞き手=藤枝克治・本誌編集長/構成=岡田英・編集部)

 3年前の夏、渋谷を歩いていると、スーツケースを引いた外国人に声をかけられたんです。「これが入るコインロッカーはないか」と。でも、炎天下の中を一緒に40分探しても、空きロッカーは見つからなかった。後で調べてみると、渋谷駅は毎日数百万人の乗降者がいるのに、周辺にコインロッカーは1400個しかなく、スーツケースが入るロッカーに至ってはわずか90個だったんです。駅前には「コインロッカー難民」がたくさんいて、圧倒的に数が足りないと思いました。

 でも、これ以上増やすスペースはあまりないし、テナントを借りて荷物預かり所を運営するには高いコストがかかる。それなら、カフェや飲食店の空いたスペースで荷物を預かってもらったら──。それが「エクボ・クローク」を思いついたきっかけでした。

残り1180文字(全文1631文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事