マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 消費者物価指数(7月19日) 上昇鈍化の兆しがみられるか=上野剛志

(注)販売価格判断DIは3ヵ月ごと、2019年9月分は6月調査段階での見込み値 (出所)総務省統計局「消費者物価指数」、日本銀行「全国企業短期経済観測調査」
(注)販売価格判断DIは3ヵ月ごと、2019年9月分は6月調査段階での見込み値 (出所)総務省統計局「消費者物価指数」、日本銀行「全国企業短期経済観測調査」

 7月19日に総務省から6月の消費者物価指数が公表される。先月公表された5月の消費者物価指数では、ヘッドラインとして注目される「生鮮食品を除くベース」の上昇率が前年比0.8%と、エネルギー価格の上昇鈍化や10連休による押し上げ効果の剥落に伴って前月から0.1%縮小した。また、物価の基調に近いとされる「生鮮食品とエネルギーを除くベース」の上昇率も前年比0.5%と前月から0.1%縮小したが、やや長い期間でみると、2017年に上昇した後、18年以降も底堅く推移している。一部企業が、原材料費や物流費、人件費等のコスト増を販売価格に転嫁したためだ。

 しかしながら、今月1日に日銀から公表された日銀短観6月調査では、大企業製造業の販売価格判断DI(「上昇」-「下落」)が3四半期連続で低下し、マイナス圏に落ち込んだ。これは「下落」とする企業が多数派になったことを意味する。米中貿易摩擦の激化や中国経済の低迷などから製品需給が緩和したほか、仕入れ価格の上昇が鈍化したためだ。製造業による値上げの動きは弱まっているうえ、今後は値下げの動きが強まるとの見通…

残り327文字(全文799文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事