テクノロジースマホAIで病気を治す医療&ビジネス

「アプリ」で治す 吸いたい時にアプリが助言、禁煙意欲を維持=下桐実雅子

    患者に合わせたアドバイスが届くキュア・アップのアプリ(同社提供)
    患者に合わせたアドバイスが届くキュア・アップのアプリ(同社提供)

     キュア・アップが保険適用を目指す禁煙治療用アプリは、どのように使われるのか。

     禁煙外来は通常、3カ月間に5回通院する。前半は2週間に1回、後半は1カ月に1回の頻度だ。「次の通院までの1カ月は在宅での孤独な闘いだ。その治療の空白期間に、医師がアドバイスするような内容をアプリで患者に配信し、禁煙継続意欲を持続させる」と、キュア・アップの佐竹晃太CEO(最高経営責任者)は説明する。

     患者は日々、その日の気分などをアプリに記録するが、例えば、たばこを吸いたい気持ちを入力すると、「つ…

    残り1012文字(全文1252文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット