週刊エコノミスト Online変調!ホテル市場

変調!ホテル市場 ブランド力で課題残る日本のホテル=澤田竜次

     2018年はインバウンド(訪日観光客)旅行者が3000万人を超え、フランスやイタリアなどの主要観光国と肩を並べるレベルまでに成長した日本。国内外の高級ホテルチェーンが観光地でしのぎを削っている。しかし、日本のホテルは世界的に名だたる外資系ホテルと比べ、認知度やブランド力で大きな格差が残っているのが現状といえる。

     欧米の主要な高級ホテルチェーンで有名なのは、ヒルトングループ、マリオット・インターナショナル、フォーシーズンズなどで、いずれも日本に進出済みだ。これらは過去数十年にわたり、世界的なホテル競争にさらされる中で、徹底的にブランドを磨き、顧客基盤を拡大し、世界レベルで選ばれるホテルに進化してきた。その高いブランド力を求めて日本国内においても、ホテルオーナーが日本ではなく、世界的なホテルチェーンと運営委…

    残り767文字(全文1124文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット