週刊エコノミスト Online変調!ホテル市場

インバウンド減速 韓国・台湾・香港に急ブレーキ 「4000万人達成」に黄信号=小野寺莉乃

    「クールジャパン」にあぐらは禁物(京都の観光客)(Bloomberg)
    「クールジャパン」にあぐらは禁物(京都の観光客)(Bloomberg)

     2019年上半期における訪日外客数の伸び率は前年比4・6%増と、1桁台前半にとどまっている(図1)。昨年相次いで発生した災害から半年が経過したが、訪日外客数の増加テンポが本格的に戻ってくる気配はまだない。

     この停滞の主因は、最大旅行相手先である韓国・台湾・香港からの旅行者数の伸びが急減速していることだ。17年は前年比25%超という高い伸び率を記録したものの、足元では前年割れの水準まで落ち込んでいる(図2)。

     その背景にあるのが、経済環境悪化に伴う当該3地域の出国者数自体の減速である。輸出主導型の当該地域では、世界の製造業サイクルによる影響を受けやすく、景気の悪化に伴って出国者数の伸びが大幅に鈍化しているのだ。

    残り738文字(全文1047文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット