教養・歴史ワールドウオッチ

サンフランシスコ 奴隷を描いた壁画を巡って賛否=瀧口範子

    壁画「ジョージ・ワシントンの生涯」の一部 (サンフランシスコ統一学区(SFUSD)提供)
    壁画「ジョージ・ワシントンの生涯」の一部 (サンフランシスコ統一学区(SFUSD)提供)

     サンフランシスコ市のジョージ・ワシントン高校にある壁画の賛否を巡って、議論が巻き起こっている。「ジョージ・ワシントンの生涯」と名付けられた13枚のパネルから成る同作は、1936年に制作された。議論が起こっているのは、作品に、先住民のインディアンの死体や黒人奴隷が苦役に従事する姿が描かれているためだ。

    「生徒たちが毎日、目にすべきではない」と保護者などから撤去を求める声が上がる中、同校の卒業生や市民団体などが反対。「壁画は芸術的、歴史的、教育的意義を持つもので、それを消し去るのはアメリカの史実自体を消去するのと同じだ」と訴えている。

    残り217文字(全文485文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット