週刊エコノミスト Online闘論席

片山杜秀の闘論席

     

    天安門事件は1989年6月4日に起きた。当時、社会主義陣営の崩壊は間近いようにも見えていた。ソビエト連邦ではゴルバチョフが政治と経済の両面で改革開放路線を推進していた。ペレストロイカと呼ばれた。その劇薬は、ソ連を再生させる前に滅ぼしてしまうかもしれない。そんな予想もあった(事実、後にそうなった)。中華人民共和国でも、70年代末からトウ小平の推進した経済の改革開放は、政治の改革開放を希望する声を、国の内側から高めていた。

     改革開放とは、つまり自由化や民主化である。経済なら自由市場主義。政治なら、一党独裁ではなく議会制民…

    残り534文字(全文796文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月24日号

    勃発!通貨戦争18 消去法の“ドル・円2強” 米利下げでも高止まり ■岡田 英/吉脇 丈志21 インタビュー 篠原尚之 元財務官 「世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に」22 ドル売り・人民元買い 禁断の“為替介入”シナリオ ■武田 紀久子23 「為替操作国」認定の真意 新“関税カード”の [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット