週刊エコノミスト Online書評

『社会保障再考 〈地域〉で支える』 評者・土居丈朗

著者 菊池馨実(早稲田大学法学学術院教授) 岩波新書 820円

自律&自立支援見据えた社会保障のあり方模索

 9月20日に、全世代型社会保障検討会議の初会合が開催され、今後安倍晋三政権で社会保障改革の議論をリードしてゆくことになる。「全世代型」というからには、社会保障は高齢世代だけでなく若年世代にも恩恵が及ぶことを意識している。

 では、今後の社会保障は何を目的に、どう制度設計してゆくのか。本書では、社会保障論をめぐる戦後の経緯をたどりながら、その限界を浮き彫りにし、今後の社会保障のあり方を法律学から立論している。その明快な定義と論拠は、経済学者である評者からみても支持できる。

残り870文字(全文1159文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事