【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『新医療経済学 医療の費用と効果を考える』 評者・土居丈朗

著者 井伊雅子(一橋大学大学院教授) 五十嵐中(横浜市立大学准教授) 中村良太(一橋大学社会科学高等研究院准教授) 日本評論社 2300円

医療費削減が目的ではない 前例踏襲では患者に不利益

 今年も、来年度予算編成の季節を迎えている。来年度予算の一つの焦点は、診療報酬改定である。診療報酬をいくらにするかで、来年の国民医療費の趨勢(すうせい)が決まる。

 いまや、我が国の医療費は43兆円(厚生労働省による2018年度概算医療費)。この10年で年率2・4%の勢いで増え続けている。それは、その率で国民の医療への負担が増え続けていることでもある。

残り979文字(全文1249文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事