週刊エコノミスト Online深層真相

増税の影響がジワリ 小売業倒産増の予兆

     10月の消費増税では、軽減税率制度やキャッシュレス・ポイント還元事業などの対策が講じられ、大きな混乱は生じていないようにも映る。帝国データバンクが全国全業種2万3000社を対象に行ったアンケート調査を見ても、「増税前の駆け込み需要はなかった」とする企業は全体の66・7%に達する。「増税後の需要の反動減がある」とした企業も19・4%にとどまる。

     だが小売業は、他の業種とやや様相を異にする。上記調査によれば、小売業では「駆け込み需要があった」企業が58・7%に達する一方、「反動減がある」企業も53・9%にのぼった。現場の小売業経営者らの実感としては反動減の影響がじわり広がりつつあるようだ。

    残り250文字(全文547文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット