マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 米国経常収支(12月19日) 高水準の赤字が持続=窪谷浩

    (注)季節調整済み、四半期データ (出所)BEAよりニッセイ基礎研究所作成
    (注)季節調整済み、四半期データ (出所)BEAよりニッセイ基礎研究所作成

     12月19日に米国で7〜9月期の経常収支が発表される。経常収支は金融収支に計上される取引以外の、居住者・非居住者間で債権・債務の移動を伴う全ての取引の収支状況を示す指標である。

     経常収支の内訳には財貨、サービスの取引である貿易収支、対外金融債権・債務から生じる利子・配当金の収支を示す第1次所得収支、居住者と非居住者間の対価を伴わない資産の提供に係る収支を示す第2次所得収支が含まれる。

     米国の経常収支はサービス収支や第1次所得収支が黒字となる一方、財収支や第2次所得収支が赤字となっており、全体で赤字が続いている。

    残り412文字(全文671文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット