経済・企業

2019年に最も読まれた週刊エコノミストOnlineの記事

    週刊エコノミストOnlineで2019年に最もよく読まれた記事をランキングしました。

     大学は一般の読者にも人気がありました。2位、3位はいま話題の地域金融で、信用金庫が地銀を上回りました。信金は投資対象でありませんが、根強い人気で常にアクセスがあります。実は地銀再編の構想のなかには信金と合併しようともくろんでいる地銀もあり、そうした興味がアクセスを増やしているのかもしれません。

     ファーウェイと日韓問題も読者のアクセスが高かったですが、MMTが8位にランクインしたのは週刊エコノミストならではの企画で、特集を担当した記者も喜んでいるでしょう。

     弁護士、会計士、税理士、司法書士、社労士の特集もよく読まれました。

     2020年はこうしたランキングを意識しながらも、人気がない記事でも意義のある記事、週刊エコノミストしか取り上げないようなマクロ経済や金融、財政、社会保障、世界史の特集を企画していきます。

    1位 勝ち残る・消える大学 :中小私大の「大量淘汰」前夜 沈むのはどこだ!=中根正義

    2位 地銀に負けない信金・信組:全261信用金庫財務ランキング(2018年3月期)

    2位 最新!信金ランキング2019:全259信金 2019年3月期の決算分析 3割弱で貸出金が減少=白鳥達哉

    3位 残る・消える地銀

    4位 ビジネスマンがはまる筋トレ:週2回のトレーニングで成果 「筋肉はウソをつかない」=永浜利

    5位  最強のほったらかし投資:激闘!インデックス投信 ネットや銀行・生保系躍進=浜田健太郎

    6位 ファーウェイに疑問投げた英国 ソフトの脆弱性を意図的に放置か=山崎文明

    7位  伸びる、消える鉄道:鉄道 開業目前!相鉄・JR直通線 沿線を一変させるインパクト=大塚良治/村田晋一郎

    8位 とことんMMT(現代貨幣理論):私が意義を見いだす理由 MMTは新次元の政策 均衡財政主義の再考を=岡本英男

    9位 進化する弁護士・会計士・弁理士:止らない4大監査法人の大量退職、急増する企業内会計士=岡田英

    10位 終活で頼れる税理士・司法書士・社労士:大相続時代に広がる市場 「手続き屋」から「専門医」へ=岡田英/黒崎亜弓

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット